Apple Watch series 2は水をスピーカーから排水してくれるぞ!

スポンサーリンク

どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!

先日発売されたApple Watch series 2は、水深50メートルまで対応する高い耐水性が備わりました。そんなApple Watch series 2は、音を鳴らして振動の力でスピーカーから水を排出する機能を搭載しています。そのApple Watchが水を排出する様子が動画で公開されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_091916_125701_pm
 

音の振動の力を利用して水を排出

Apple Watch series 2にはワークアウトの項目で「プールスイミング」「オープンウォータースイミング(屋外水泳)」という項目があります。このワークアウトを選択すると、ディスプレイ上に水滴マークが表示され、タッチパネルは一切反応しなくなります。これは水滴などでタッチパネルが誤作動しないようにロックされるためです。

apple watch series 2 防水
 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてロック解除は、デジタルクラウンを手動で回転させます。そうすると、防水ロックが解除され、ビープ音とともにApple Watch内の水分がスピーカーから排出される仕組みとなっているそうです。

そして、その様子を収めた動画が公開されています。


source:9to5Mac via:iPhone Mania

スポンサーリンク