iPhone8のスペックはこうなる?有名アナリスト予想!

スポンサーリンク


どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!

Apple関連の情報に精通しているKGI証券アナリスト、ミンチー・クオ氏が今年発売が期待される次期iPhoneについて、新しい報告を行なったと9to5macが報じました。

 

iPhone8はTouch IDが非搭載に!?

投資家向けにKGI証券アナリスト、ミンチー・クオ氏が報告した次期iPhoneについては以下の通り。

【iPhone8】
  • 有機ELディスプレイは5.8インチとなるが、使用可能な画面領域は5.2インチとなる’
  • 物理的ホームボタンは廃止となり、バーチャルホームボタンが採用されるが、ディスプレイ下にTouch IDは搭載されない。
  • iPhone8にはTouch ID機能自体搭載しない。
  • 筐体にはステンレスフレームとガラスが採用。
  • RAMは3GB。
  • ワイヤレス充電機能搭載。
  • ワイヤレス充電PADは別売りに。
  • スピーカー機能向上。
  • カラーバリエーションは現行モデルよりも少ない。
  • ストレージは64GBと256GB。
  • Lightningポートを搭載し、USB-C Power Delivery対応。
 

【iPhone7sシリーズ】
  • 液晶ディスプレイ搭載。
  • ディスプレイサイズは4.7インチと5.5インチ。
  • 筐体にはアルミフレームとガラスが採用。
  • RAM:7s=2GB 7sPlus=3GB。
  • ストレージは64GBと256GB。
  • ワイヤレス充電機能搭載。
  • ワイヤレス充電PADは別売りに。
  • Lightningポートを搭載し、USB-C Power Delivery対応
 

iPhone8のバーチャルホームボタンにTouch IDが搭載されない理由として、ディスプレイ下に埋め込むことが技術的に難しいことや3Dセンサーを用いた顔認証機能に対応するためと予想。

また本体の裏面にTouch IDを搭載するという情報も浮上していますが、今回のKGI証券アナリスト、ミンチー・クオ氏のレポートでは、iPhone8にはTouch ID自体搭載されないと報告しています。

Source: 9To5Mac Photo by: iDROP NEWS

スポンサーリンク