【Mac mini (Mid 2011)】修理サポートが終了

スポンサーリンク

長年使用したアイテムのサポートが終了するということは何とも寂しい。

今回Appleは「ビンテージ製品とオブソリート製品」のリストを更新。

このことにより「Mac mini (Mid 2011)」の修理サポートが終了したことが明らかになったとMacRumorsが報じている。


「ビンテージ製品」とは、製造中止から5年以上7年未満の製品でハードウェアサービスが終了となる製品。

「オブソリート製品」とは、製造中止から7年以上が経過した製品。Appleではオブソリート製品に対するハードウェアサービスを例外なく終了し、部品発注もできなくなる製品。実質Appleでは修理不可能となる製品となる。日本ではビンテージ製品ではなく全てオブソリート製品となる。

現時点の日本のサイトではリストの更新はされていないものの近いうちにリスト更新されるものとみられている。

 

(Via: MacRumors

スポンサーリンク