新型「iPhone SE」はマイナーアップデートにとどまる?ワイヤレス充電には非対応?

スポンサーリンク

Apple関連の情報を多く発信しているKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が、先日の新型「iPhone SE」に関する情報について疑問を投げかけているようだ。

 

新型「iPhone SE」はマイナーアップデートに?

先日公開された新型「iPhone SE」の情報では、2018年5月〜6月に発売され筐体背面にはガラスが採用。「iPhone 8」シリーズや「iPhone X」と同様にワイヤレス充電に対応する、というもの。

【iPhone】2018年登場する新型「iPhone」の情報が浮上!SE後継モデルなど

2018.01.28

これに対してKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏は疑問を投げかけている。

同氏は2018年新型「iPhone」は3モデル登場すると予想。有機ELモデルを2モデル、6.1インチの液晶モデルである。これらを開発すると新型「iPhone SE」への開発リリースがないということが、同氏が疑問を投げかけている理由だ。

【iPhone 9】新型「iPhone」に関する最新レポート公開

2018.01.29

 

また、昨年発売された「iPhone 8」シリーズと「iPhone X」を例に出している。

昨年発売された両モデルは、発表タイミングは同じだったものの、発売には1ヶ月以上の遅れがあった。これは開発リソースが足りなかったものと同氏は予測しており、Appleとしては同じ過ちを繰り返したくないはずで、このため2018年の第2四半期に次期「iPhone SE」の開発にリソースを費やす可能性が低いと予測している。

 

その他ワイヤレス充電に対応することについても疑問を抱いている。Appleは「iPhone SE」を廉価版と位置付けており、わざわざ製造コストが増えるガラスパネルを採用しワイヤレス充電に対応させる可能性は低いと考えているようだ。

同氏の予測としては次期「iPhone SE」はマイナーアップデートになるのではないかと予測しているようだ。

【iPhone 9】新型「iPhone」に関する最新レポート公開

2018.01.29

【iPhone】2018年登場する新型「iPhone」の情報が浮上!SE後継モデルなど

2018.01.28

 

(Via: MacRumors9To5Ma

スポンサーリンク