【Made for iPhoneロゴ】Appleがデザインを変更

スポンサーリンク

Appleは「MFiライセンスプログラム」の認定ロゴデザインを変更したことが判明した、と9To5Macが報じている。

 

デザイン変更された認定ロゴ

このMFi(Made for iPhone)ライセンスプログラムとは、電子アクセサリが iPod、iPhone、iPad 専用に設計され、Apple が定める性能基準を満たしていることをデベロッパが保証していることを示すものとしている。

Appleはアクセサリメーカーに対し、その互換性を認められた場合、その製品パッケージに「Made for」というMFiロゴを貼ることを許可している。今回変更があったのは、このMFiロゴとなる。


旧ロゴはデバイスがデザインされているが、新ロゴではAppleマークに変更され、デバイス名も「iPod、iPhone、iPad」から「iPhone、iPad、iPod」の順番へと変更されていることが確認できる。

これら新しくなったロゴは2月上旬に導入されており、アクセサリメーカーは今後90日以内に採用することが必須となっている。

 

(Via: 9To5Mac

スポンサーリンク