【Apple】iPhone用パネルを2億7,000万枚強を調達?

スポンサーリンク

Appleは2018年に「iPhone」向けのディスプレイパネルを、最大で2億7,000万枚調達することが予想される、とDigiTImesが報じている。

 

最大2億7,000万枚のパネル調達

ディスプレイパネル業界の情報筋の情報として、2018年に2億5,000万枚〜2億7,000万枚の「iPhone」向けディスプレイパネルを、Appleは調達するとDigiTImesが報じている。

調達するディスプレイパネルの内、「iPhone X」の後継モデルとされる5.58インチ有機ELディスプレイパネルは7,000〜8,000万枚、6.5インチ有機ELディスプレイパネルは4,500〜5,500万枚となる見込みだ。

そして、6.1インチLTPS(低温ポリシリコン)液晶ディスプレイパネルが6,000〜7,000万枚、現行モデルの「iPhone 7」や「iPhone 8」向けのLTPS液晶ディスプレイパネルは6,000〜7,000万枚になると予想されている。

【パネル調達の内訳】
  • 5.58インチiPhone:7,000〜8,000万枚
  • 6.5インチiPhone:4,500〜5,500万枚
  • 6.1インチiPhone:6,000〜7,000万枚
  • 現行モデルiPhone:6,000〜7,000万枚
 

その他、有機ELディスプレイパネルの主要サプライヤーは、引く続きSamsung Displayとなるとみられているが、LG Displayは2018年後半にも第2サプライヤーとなることを目指し、6.5インチのiPhoneの有機ELディスプレイパネル受注を狙っているという。

 

(Via: DigiTImes

スポンサーリンク