【Google】新しいGoogleニュースを発表、約1週間程度で日本でも利用可能に

スポンサーリンク

2018年5月9日、Googleは新しい「Googleニュース」の提供を開始すると発表した。

新しいGoogleニュースは最先端のAIの力で、世界中のジャーナリストによるニュースや情報にアクセスしやすくするという。

今後約1週間程度をかけて日本を含む127カ国で利用可能となる。

 

新しいGoogleニュースリリース開始

新しいGoogleニュースは、AIの手法を新たに組み合わせ、ウェブにアプロードされる情報をリアルタイムで分析し、ストーリーラインに整理する。またGoogleニュースは、記事中に登場する人物や場所、関連する物事を理解し、それらがどのようにつながりあっているかを把握する。

これらの技術でニュースを整理し、わかりやすく表示するようだ。

 

Google ニュースアプリの「おすすめ」では、使えば使うほどより使いやすくなり、newscasts という新しい表示形式をテストし、スマートフォンの小さい画面でも読みやすく、ストーリの全体像の把握に役立つことを期待しているという。

また深く読みたい場合には、「すべての記事」で時間経過に沿ったヘッドラインなどを確認することが可能となる。

さらに「ヘッドライン」では、フィルタリングされていない世界中のトップニュースを見ることか可能に。

 

「新聞・雑誌」では、お気に入りの情報ソースを探したり、気になった新しい媒体をフォローするように設定可能で、モバイルでの閲覧に最適化された 1,000 以上の雑誌を読むことも可能だ。

コンテンツの購読も、今後導入を予定しているSubscribe with Googleの機能を利用することでGoogleニュースだけでなく、検索を始め、デバイス、プラットフォームやコンテンツ提供者のサイトでも、購読した有料コンテンツにアクセスできるようになる。

 
 


 

スポンサーリンク