【Google】有料版「Googleドライブ」を「Google One」に名称変更

スポンサーリンク

現地時間2018年5月14日、米Googleは「Googleドライブ」の有料版の名称を「Google One」に変更し、オプションサービスの追加を発表した。

 

アメリカから順次サービス切り替えに

名称変更は有料版のみとなり、無料版(15GB)は今まで通り「Googleドライブ」という名称が使用される。

有料版は「Google One」という名称に変更されると発表。まずはアメリカで数ヶ月かけて切り替えていく。すでに有料版「Googleドライブ」を利用しているユーザーは、自動的に切り替わり、価格も変更されない。

 

現行の「Googleドライブ」では、1TBプランが9.99ドルとなっているが、名称変更後は1TBプランが廃止され、2TBプランが9.99ドルとなる。よって現行の1TBプランユーザーは2TBプランに価格据え置きで自動に切り替わるとのこと。

新プランとして、200GBプランが追加され、価格は2.99ドルとなる。

 

これに伴い、6人までのメンバーがひとつのクラウドストレージを共有できるようにもなり、その他1タップで24時間年中無休のスペシャリストによるサポートが受けられるサービスも利用可能になるという。

 

日本の公式サイトでは、最新情報が受け取るためのページが用意されているので、興味がある方は登録してみてはどうだろうか。


 

(Via: ITmedia

 

スポンサーリンク