「mshelper」というマルウェアに感染しているか僕のMacをチェックしてみた!

スポンサーリンク

なにやらMacのバッテリー消耗が激しい場合、「mshelper」と呼ばれるマルウェアの影響があるかもしれない、ということなのでMacBook(12-inch, Early 2015)をチェックしてみた!

って、helperって文字あったら、何か助けてくれそうと思うよね?

全然助けてくれていないのに(怒

ま、それが狙いなんだろうけど。

 

プロセッサをフル稼働させるマルウェア

iPhone Maniaによると、Macが異常に熱くなる、バッテリー消耗が激しい場合は「mshelper」と呼ばれるマルウェアの影響を受けている可能性があるとのことで、そのマルウェア「mshelper」が入っていないか確認する方法や、入っていた時の対策方法が記載されていたので、一応チェックしてみた!

MacのCPUをフル稼働させるマルウェア「mshelper」が出現



このマルウェア、プロセッサをフル稼働させる以外に、何をしているが明確に分かってないそうだ。明確になっていなからこそ怖いよね。

なので僕のMacをチェックしてみた!チェック方法もめっちゃ簡単だから、皆さんも一度はチェックしてみてはどうだろうか!?

ちなみに、「mshelper」はコンピュータウィルスではないそうで、他のソフトウェアをインストールした時に、Macに忍び込むと考えられているようだ。

 

いざチェックッ!

まずは、MacBook(12-inch, Early 2015)でチェックしてみた!

Spotlightでアクティビティモニタと入力。


アクティビティモニタを開くと、以下の画面が登場!

「プロセス名」をクリックすると、表示がアルファベット順に変わる。


アルファベット順にしたら、Mの列までいって「mshelper」という表示がないかチェック!


僕のMacBook(12-inch, Early 2015)では、このマルウェアは存在していなかったのでここで終了。

とりあえずは一安心だ。

 

「mshelper」という表示があった場合

万が一「mshelper」という表示があった場合は、慌てなくてもOK!

iPhone Maniaに対処方法が掲載されているので、そちらを参考にしてほしい!

どうやら2つのファイルを削除するだけで対処できるようだ!

 

最後に

とりあえずはMacBook(12-inch, Early 2015)では、マルウェアの存在は確認できなかったので一安心。

他のMacの確認もこのあと行う予定。

万が一「mshelper」があった場合は、駆除した手順もブログに書いてみようかと思う。

 

Macがウィルスに感染しないって神話は既に崩壊しているし、セキュリティソフトは必須だし、今回のマルウェアのようにAppStore以外からアプリをダウンロードする時は注意が必要だよね。

僕は今Sohosというセキュリティアプリを使用して、定期的にMalwarebytesでチェックもしている。

他の方はどんなセキュリティアプリを使用しているのか気になるので、ぜひ教えてほしい!

 

スポンサーリンク