MacBook Pro (2018)のキーボード改良は“ゴミの侵入防止目的”とAppleの内部文章より明らかに

スポンサーリンク

先日Appleより電撃リリースされた新型「MacBook Pro」こと「MacBook Pro (2018)」には、第3世代のキーボードが搭載されていることが発表されている。

そして分解レポートでは、キーボード内部に「シリコン素材の膜」の存在が明らかになっていた。

多くのメディアは、この改良は「ゴミがキーボード内部へ入り込まないためのもの」という見方をしていた。

 

今回Mac Rumorsによると、Appleの内部文章より「シリコン素材の膜」はキーボード内部へのゴミの侵入を防ぐ目的ということが明らかとなり、予想通りとなった。

 

Appleが正規サービスプロバイダの公開した内部文章では、キーボードのキーキャップの下にはバタフライ構造へのゴミの侵入を防ぐ薄い膜が入っていることと、スペースキーの交換方法が前モデルから変更されていることを案内している。

【MacBook Pro (2018)】キーボードに改良の跡を発見!ホコリの侵入を防ぐ工夫が!

2018.07.14

「MacBook Pro」の新旧モデルのタイピング音を比較した動画が公開

2018.07.14

 

(Via: Mac Rumors

 

スポンサーリンク