スポンサーリンク

【MacBook Air (Mid 2012)】ビンテージ製品とオブソリート製品へ

MacRumorsによると、2018年8月31日をもち「MacBook Air 11インチ/13インチ (Mid 2012)」がビンテージ製品とオブソリート製品リストに追加されることが明らかとなった。

 

ビンテージ製品とオブソリート製品とは

ビンテージ製品とは、製造中止から5年以上7年未満の製品のことで、対象となる製品は一部例外を除きハードウェアサービスが終了されます。

オブソリート製品とは、製造中止から7年以上が経過した製品のことで、対象となる製品は例外なくハードウェアサービスが終了されます。

 

これらのリストに追加されるということは、アメリカとトルコでビンテージ製品へ、そして日本を含む国々ではオブソリート製品に指定される。そうなると、その製品へのサポートは終了し、Appleでは修理できなくなる。

 

しかし、今回「MacBook Air 11インチ/13インチ (Mid 2012)」では、ビンテージ製品とオブソリート製品リストに追加されても試験的なプログラムとして、2020年8月31日まで世界中のApple Storeと正規サービスプロバイダで修理を受けることが可能となるようだ。

この試験的なプログラムは、部品の在庫状況により修理サービスを継続というかたちとなり、修理できない部品がある場合、修理を辞退するようにも指示されているとのこと。

さらに試験的なプログラムのため、内容変更などの可能性もあるようだ。

 

今年2月には「iMac (Mid 2011)」が、これらリストに追加されたが、アメリカとトルコでは上記の措置が取られており、対象期間は2018年8月31日のものが2019年1月1日まで延長されるようだ。

 

(Via: MacRumors

 

スポンサーリンク