【Google Chrome】バージョン70で「ピクチャー イン ピクチャー」に対応!

スポンサーリンク

Googleのブラウザ「Google Chrome(グーグル クローム)」の最新版(Windows, Mac, Linux)では、動画を再生する時に「ピクチャー イン ピクチャー」機能に対応していることが明らかとなった。

 

「ピクチャー イン ピクチャー」機能とは、動画再生時に別のウインドウで表示させる機能となる。イメージとしては以下の画像のようになる。


「ピクチャー イン ピクチャー」で再生されている動画のウインドウは、デスクトップ上の任意の場所にも移動でき、また大きさも自由に変えることが可能だ。

そして、「ピクチャー イン ピクチャー」で動画を再生しながら、例えば文章を書いたりすることも可能になる。

使用方法も簡単で、ビデオフレーム内で右クリック。

表示されるウインドウに「ピクチャー イン ピクチャー」とあるので、そこをクリックするだけだ。ただし、YouTubeで同機能を使用する場合、右クリックを2回する必要があることを忘れずに。

 

もしGoogle Chromeを利用している方で、上記の方法で「ピクチャー イン ピクチャー」機能が利用できな場合は、以下を確認して欲しい。

 

この機能は「Google Chrome」の最新バージョン「Chrome 70」より利用できる機能なので、「ピクチャー イン ピクチャー」を使用したい方は最新バージョンにアップデートする必要がある。

既に「Google Chrome」を使用している方は、Chromeのバージョンを確認して欲しい。

確認方法は、Chromeを開き、右上の設定アイコンをクリック。


ヘルプ>Google Chromeについてをクリックすると以下のページに移行するので、赤丸の場所の表示で、バージョンを確認して欲しい。

最新バージョンでない場合も、こちらからアップデート可能だ。


Google Chromeを使用していない方はダウンロードは以下よりできるので、気になる方はぜひ!

Google Chrome ダウンロード

スポンサーリンク