【Google】「ハングアウト」はサービス終了ではなく「Chat」と「Meet」に分割へ

スポンサーリンク

Googleの統合メッセージングサービスの「Googleハングアウト」について、2020年にサービス終了という情報が浮上していたが、終了ではなく「ハングアウトChat」と「ハングアウトMeet」に分かれる計画であることが明らかとなった。

 

 

先日浮上してきた「Googleハングアウト」終了の情報だが、Googleの「ハングアウト」サービスの責任者スコット・ジョンストン氏が反論した。

今回の情報は誤りであるようで、同氏いわくハングアウトは終了するのではなく、エンタープライズ版と同様、「ハングアウトChat」と「ハングアウトMeet」に分割する計画であるようだ。

この「ハングアウトChat」と「ハングアウトMeet」は、エンタープライズ版「G Suite」のサービスとして提供されているもので、「ハングアウトChat」はルームを作り会話ができるチャットアプリとなる。

また「ハングアウトMeet」は上限100人まで参加可能となるビデオ会議アプリだ。

 

現在「Googleハングアウト」が分割される時期は未定となっており、いずれは分割される予定のため、「Googleハングアウト」ユーザーはどちらかのサービスへ移行する必要があるという。


【Google】Googleハングアウトが2020年でサービス終了に?

 

 

(Via: ITmedia

 

 

スポンサーリンク