スポンサーリンク

【新型iPhone】有名アナリストの予想が公開 – すりガラスの採用など

Apple関連情報でお馴染みのアナリスト、ミンチー・クオ氏が2019年に登場する新型iPhoneについて報告している。

 

アナリストのミンチー・クオ氏の報告では、2019年秋に登場する新型iPhoneは、現行モデルと同様に5.8インチ・6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルと、6.2インチの液晶ディスプレイ搭載モデルのラインナップとなるようだ。

また、新型iPhoneの全てのモデルの筐体の素材には「すりガラス」が採用され、ワイヤレスで他のデバイスへの充電が可能となるようだ。

他にも、現行モデルよりも大容量のバッテリーを搭載したり、3眼カメラの搭載、Face IDのアップグレード、屋内測位とナビゲーションのためのウルトラワイドバンド対応が実施されるものの、接続・充電ポートはUSB-CではなくLightningコネクタが継続して採用される模様。

ノッチについても現行モデルから大きな変化はないと予想されている。

 

iPhone XRの後継モデルについては、RAMが4Gのアップグレードされる可能性もあるようだ。

 

(Via: MacRumors

 

 

スポンサーリンク