【iPad mini】iFixitが「iPad mini 5」の分解レポートを公開

スポンサーリンク

iFixit(アイフィクジット)は、先日Appleより発売された新型iPad miniこと「iPad mini 5」の分解レポートを公開した。

 


iFixit(アイフィクジット)は、先日発売された新型「iPad mini」の分解レポートを公開した。

分解レポートによると「iPad mini 5」には「A12 Bionic」チップが搭載され、RAMはSamsung製で3GB、64GBフラッシュメモリは東芝製ということが確認された。

また前モデルと比較すると、True Toneのセンサーやマイクの位置が変わっている他、フロントカメラは700万画素で「iPad Pro 10.5インチ」モデルと同じで、バッテリー容量に関しては、前モデル同様の19.32Whとなっている。

修理のしやすさのスコアは10点満点中2点と難易度は高い評価となっている。こうした理由としてLightningポートがハンダ付けされている点や接着剤が多く使用されている点、Touch ID搭載のためホームボタンの交換が難しい点が評価に反映されている。


 

スポンサーリンク