【iPad mini】iFixitが「iPad Air(第3世代)」の分解レポートを公開

スポンサーリンク

iFixit(アイフィクジット)は、先日Appleより発売された新型iPad Airの分解レポートを公開した。

 


分解レポートによると、「iPad Air(第3世代)」はロジックボードが中央に配置され、「iPad Air 2」というよりも「iPad Pro 10.5インチ」と同じような設計となっていることが明らかとなった。

他にもデュアルセルとなったバッテリー容量は30.2Whとなり、これは「iPad Air 2」の27.62Whよりも増加している。

またA12 Bionicチップの搭載やRAMは3GBでSK Hynix製、64GBのNANDフラッシュメモリは東芝製となっている。

修理のしやすさのスコアは10点満点中2点で修理するのは難しいという評価だ。この評価の理由としては、Lightningポートがロジックボードにはんだ付けされていることやバッテリーの交換が難しいことに加え、接着剤が多く使用されていることがその理由となる。


【iPad mini】iFixitが「iPad mini 5」の分解レポートを公開

2019-04-03

 

スポンサーリンク