【次期macOS】「Siriショートカット」や「スクリーンタイム」機能をサポート?

スポンサーリンク

次期「macOS」の「macOS 10.15」では、「Siriショートカット」や「スクリーンタイム」機能を利用できるようになるかもしれない。

 


9to5macによると次期macOSの「macOS 10.15」の開発に精通した人物の話として、「macOS 10.15」では「Siriショートカット」や「スクリーンタイム」機能をサポートすると報じている。

iOSでは「Siriショートカット」を使用するには「ショートカット」アプリが必要となり、ダウンロードが必須となっているが、「macOS 10.15」でもMac App Storeから「ショートカット」アプリをダウンロードする必要があるかもしれないとのこと。

またAppleは、コードネーム「Marzipan」と呼ばれるiPhoneやiPad、Macを統合したユニバーサルアプリを提供するプロジェクトを計画しており、macOSでショートカットに対応するのは「Marzipan」アプリのみとの情報もあるようだ。

 

「iOS 12」より導入されたスクリーンタイム機能もmacOSで利用可能となるようで、iOSと同様の使用方法が可能となる他、macOSではシステム環境設定で新たなパネルが用意され、設定した制限時間を超えるとアプリを終了させるか、パスワードを入力しアプリのロックを解除し再度使用する、ということが可能になるようだ。

さらにシステム環境設定には新たに「Apple ID」の管理パネルを追加し、ファミリー共有設定のサポート強化なども行われ、またiMessageでは紙吹雪や花火などのエフェクト機能も利用できるようになるそうだ。

 

 

(Via: 9to5mac

 

 

スポンサーリンク