スポンサーリンク

【Apple】「iPad Pro(2020)」搭載「A12Z」、旧モデルの「A12X」と同チップの可能性

TechInsightsがiPad Pro(2020)に搭載されている「A12Z Bionic」チップと「A12X Bionic」を解析した結果、「A12Z Bionic」と「A12X Bionic」のGPUチップの設計が同じであることが明らかとなった。

 

 

以前「iPad Pro(2020)」に搭載されている「A12Z Bionic」チップは、基本的には前モデルの「A12X Bionic」チップと同じ可能性があるとの情報が浮上していたが、TechInsightsが解析した結果、「A12Z Bionic」と「A12X Bionic」のGPUチップの設計が全く同じであることが明らかとなった。

TechInsightsのTwitterでのツイートが以下のもの。

TechInsightsが公開した「A12Z Bionic」と「A12X Bionic」比較画像では、GPUコアの位置などが全て同じであることや、他の部分の構造が同じであるようにも見える。

 

前モデルの「A12X Bionic」チップのGPUは7コアと説明されているものの、実際は8つのGPUコアが確認されており、うち1コアが無効化されているとのこと。このことから新型「iPad Pro」に搭載されている「A12Z Bionic」チップは、無効化されている1コアを有効化し、名称を変更しただけなのでは、とみられている。

【Apple】「A12Z」と「A12X」チップは有効化されたコアが違うのみ?

2020-03-27

 

スポンサーリンク