スポンサーリンク

【Apple】「iPhone 12」、5G接続時のバッテリー駆動時間は4Gよりも20% 短くなることが判明

Tom’s Guideは「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」の両モデルで5G接続時と4G接続時のバッテリー駆動時間を検証する実験結果を公開した。

テスト内容はディスプレイの明るさを150nitに設定、30秒ごとに新しいサイトを読み込みバッテリーの残量がなくなるまでの時間を計測するというもの。
計測結果は以下となる。

5G接続時の駆動時間4G接続時の駆動時間
iPhone 128時間25分10時間23分
iPhone 12 Pro9時間6分11時間24分

 

結果から5G接続時の方がバッテリー駆動時間は短くなることが確認された。

また、今回の結果は同じテストを実施した5G対応のAndroidスマートフォンのものよりも下回る結果となっているとのこと。

バッテリー駆動時間が気になる方は「iPhone 12」シリーズに搭載されているバッテリー駆動時間が大幅に短くならない場合のみ5Gを使用する「スマートデータモード」を使用するか、設定で「5Gオン」「5Gオート(スマートデータモード)」「4G」を選択することが可能となっているため、これらを利用することも視野に入れておくことをオススメする。

 

Source: Tom’s Guide Via: Mac Rumors

 

スポンサーリンク