iPhone 8、サイズはそのままでディスプレイが大きくなる?

スポンサーリンク

どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!

2017年に発売が期待される「iPhone 8」ですが、本体サイズは現行モデルと同サイズを維持し、ディスプレイが5.0インチと5.8インチになるそうです。

54457_20_new-iphone-clear-piece-glass-ai
 

ベゼルフリーで大画面化

2017年、初代iPhone発売から10年目の節目の年に発売が期待される「iPhone 8(仮)」は、画面縁のベゼルがなくなり全面ディスプレイとなることで、本体サイズは現行モデルを維持しつつディスプレイサイズが大きくなる可能性が報じられています。

現行モデルのディスプレイサイズは4.7インチと5.5インチ、これが5.0インチと5.8インチへインチアップするとBarclaysのアナリスト、ブレイン・カーティス氏とクリストファー・ヘメグレン氏の両名が、サプライヤー関係者から得た情報としてレポートで公開しています。

さらに、iPhone SEの後継機では4.7インチになるとも伝えています。

※ベゼルフリー・・・ベゼル(枠・額縁)のないデザインのこと

 

この他に両名の予測として、「Plus」モデルのみ「有機EL(OLED)ディスプレイ」を採用されるとしており、その理由として有機ELの供給としています。2017年時点では有機ELの多くはSamsungとLGから供給されることとなりますが需要に間に合わず、有機ELディスプレイ搭載を限定せざるを得ない状態になるためとしています。

2018年にはFoxconnの子会社「シャープ」の量産体制が整うとのことなので、2018年に発売されるiPhoneは全て有機ELディスプレイとなる可能もありますね。

 

Source:Business Insider Photo by:ConceptsiPhone

スポンサーリンク