【macOS】重大なバグの修正版をリリース。対象ユーザーは即アップデートを

スポンサーリンク

先日発覚したAppleの最新OS「macOS High Sierra」の重大なバグは収束方向に進んでいるようだ。

 

該当OSを使用しているユーザーは必ずアップデートを!

先日発覚したAppleの最新OS「macOS High Sierra」での重大なバグはパスワードを入力しなくても誰でもログインできてしまうという恐ろしものだ。

【macOS High Sierra】重大なバグが発見される

2017-11-30

 

Appleは重大なバグを認識し、直ちにそのバグを修正する「セキュリティアップデート2017−001(17B1002)」をリリースした。

このリリースで重大なバグは修正されたものの、SMBファイル共有機能が使用できなくなるという不具合が発生。Appleはさらに修正版の「セキュリティアップデート 2017-001(17B1003)」をリリースしている。

 

もし、あなたのMacが「macOS High Sierra」でアップデートをしていないのであれば即アップデートすることを強くオススメする。

Macの中には大量の個人情報が詰め込まれているので、悪意ある人物があなたのMacに触れることができた場合・・・。考えるだけでも恐ろしい。

 

アップデート方法はAppStoreアプリをクリックしてアップデートという項目 をクリックすれば問題なくアップデートできると思う。

いかなる理由があっても「macOS High Sierra」のユーザーはアップデートをすることが望ましい。

周りにいるMacユーザーの方へも、何かしらの被害にあわないために情報を拡散し、アップデートを実施して欲しいと切に願う。

 

(Via: 気になる、記になる…

スポンサーリンク