【Apple Watch】「Series 4」のベゼル幅はこんな感じに?「Apple Watch Series 4」のディスプレイイメージ画像公開

スポンサーリンク

2018年3月にお伝えした新型「Apple Watch」。

2018年に発売される新型「Apple Watch」では、ディスプレイが大型化するという情報も浮上している。

今回、ディスプレイが大型化したApple Watchのイメージ画像が公開されているので紹介する!

 

約15%アップのディスプレイ

KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が報告したレポートによると、Appleは2018年に発売する新型「Apple Watch」のデザインを刷新し、ディスプレイが約15%アップしたものになるとのことだ。

新型「Apple Watch」のディスプレイが15%アップしたら

2018.03.29

2018年新型「Apple Watch」はデザイン刷新?ディスプレイサイズにも変化が?

2018.03.28

 

このデザイン刷新によりケース本体のサイズアップとなるかは不明なものの、現状のApple製品の流れ(iPhone XのベゼルやApple Watchのフィットネス関連)を考えると、ベゼル幅を薄くするというのが自然な気がする。

そんなイメージからか、以下がイメージ画像となる。


明らかに違うベゼル幅で、やはり「Apple Watch Series 4」とされるものが、よりスマートにみえる。

個人的には今のままのサイズ感でケースの厚みを薄くし、イメージ画像のようなベセル幅になってくれると、よりカッコイイと思うのだが。

 

今回紹介したものは、あくまでイメージ画像となる。2018年に発売されると噂の「Apple Watch Series 4」は、果たしてどのような姿なのか。

 

(Via: Cult of Mac

スポンサーリンク

コメントを残す