【Apple Watch Series 2】42mmケースでバッテリー膨張の場合は無償対応に

スポンサーリンク

Mac Rumorsによると、「Apple Watch Series 2」において不具合が発生している場合、無償で修理するようにと、Apple StoreやApple認定サービスプロバイダへAppleが指示を出していることが明らかとなった。

 

「Apple Watch Series 2」(42mm)でのバッテリー不具合

Appleは、「Apple Watch Series 2」の42mmモデルにおいて、「電源が入らない」「バッテリーが膨らんだ」などの不具合が発生した場合は、無償で修理するようApple Store及びApple認定サービスプロバイダに向けて指示していることが明らかとなった。

Mac Rumorsによると、AppleがApple StoreやApple認定サービスプロバイダに配布した社内文書より明らかとなったようで、現時点で新しいサービスポリシーが発行されているのは北米と欧州、メキシコということが確認されている。

今後は他の国でも同様の対応となることが予測できる。

 

今回の新しいサービスポリシーは「Apple Watch Series 2」の42mmモデルのみ対象となっているようで、38mmモデルや「Apple Watch Series 1」や「Apple Watch Series 3」では適用外のようだ。

日本では、今のところ今回の件に関しての情報が確認されていないため、同不具合が発生した場合にはApple StoreやAppleサポートで相談することが賢明だろう。

 

「Apple Watch」のバッテリー問題に関しては、初代「Apple Watch」でバッテリーが膨張するという事例があり、この時は保証期間を1年から3年に延長していた。

初代Apple Watch、ディスプレイが剥がれる不具合で無償交換対応もある?

2018.03.05

初代「Apple Watch」の不具合 無料修理期間が延長されている件

2017.07.16

 

Source: MacRumors

 

スポンサーリンク