【Apple CarPlay】新型「レクサスES」に対応!

スポンサーリンク

トヨタの高級車といえば「レクサス」を思い浮かぶ方が多いだろう。

そんな高級車「レクサス」の7代目「レクサスES」セダンに、AppleのCarPlayが搭載されることが明らかとなった。

 

新型レクサス、CarPlayに対応

「レクサス」初のCarPlay搭載モデルとなるのは「レクサスES」セダンの7代目。

2012年4月以来6年ぶりのフルモデルチェンジとなるの7代目「レクサスES」は、日本でも2018年秋に発売される。


「レクサスES」には標準装備で8インチディスプレイを搭載してるが、オプションで12.3インチのワイドスクリーンディスプレイに変更することも可能。このワイドスクリーンディスプレイでは、8インチよりも2個多くアプリを設置することが可能となるようだ。


しかし、CarPlayをコントロールするのはタッチスクリーンではない。

レクサスの標準装備されているリモートタッチインターフェース(RTI)と呼ばれるトラックパッドかSiriを使ってコントロールすることとなる。

 

その他、新型レクサスにはCarPlayの他に、Amazonの「Alexa」にも対応しているとのこと。

【Apple CarPlay】対応カーオーディオ「FH-9400DVS」 6月にパイオニアより発売

2018.04.20

 

(Via: 9to5Mac

 

スポンサーリンク