【Apple】2019年に新型「AirPods」とオーバーイヤー型ヘッドホンを発売?

スポンサーリンク

Appleはオーディオ機器戦略を強化する方針で、2019年には新型「AirPods」とAppleの新製品となるオーバーイヤー型ヘッドホンを市場に投入する計画があるようだ。

Bloombergによると、事情に詳しい複数の関係者の話としてこれらの情報が浮上したと報じている。

 

新型「AirPods」とオーバーイヤー型ヘッドホン

Appleは、周囲の騒音を低減するノイズキャンセリング(NC)機能や耐水性を備えた新型「AirPods」を開発中という。

また、「AirPods」とiPhone・iPadの通信可能距離を延ばす計画を進めていると関係者のひとりが話している。


 

新型「AirPods」の価格は、現行モデルの16,800円(税別)よりも高くなる可能性が高い。そしてワイヤレス充電マットの「AirPower」で使用できるワイヤレス順電ケースの開発にも取り組んでいるそうだ。

他にも別の関係者は、Appleは「Apple Watch」以外にもヘルスケア関連機器の提供を拡大するため、次世代の「AirPods」へ心拍モニタなど生体認証センサーの追加も議論されたと話している。

さらに、AppleはBoseやゼンハイザーの高級モデルに対抗するオーバーイヤー型ヘッドホンの投入も計画中だという。計画当初、2018年末までに市場へ投入する予定だったが、開発段階で問題があり、2019年の発売を目指しているようだ。


 

個人的に「AirPods」の耐水性が高くなることには期待している。

でもノイズキャンセリングについては、賛否ありそうだね。

僕は、周囲の音がある程度聞こえる位の性能にしてもらわないと、安全面で不安に感じてしまうな。

最近はエンジン音の小さな車もあるし、周囲の音がある程度聞こえないと、怖くて外を歩けないと思う。

 

(Via: Bloomberg

 

スポンサーリンク