【Apple Pay】ドイツで正式に利用可能に

スポンサーリンク

現地時間2018年12月12日、ドイツにて「Apple Pay」のサービスが正式に開始されたことが明らかとなった。

 

以前から報道されていたドイツでの「Apple Pay」のサービス開始について、現地時間の12月12日、正式に開始されたことが明らかとなった。

サービス開始当初はApple、American Express、Maestro、Boon、Bunq、Comdirect、Deutsche Bank、Edenred、Fidor Bank、Hanseatic Bank、HypoVereinsbank、N26、O2 Banking、VIMPayのサポートを受け提供される。

Apple Payはドイツを加え、米国、英国、オーストラリア、ベルギー、カナダ、中国、シンガポール、フランス、スペイン、イタリア、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、ロシア、ブラジル、ニュージーランド、カザフスタン、ポーランド、アイルランド、スイス、日本、ウクライナなどでサービスが提供されている。

 

 

(Via: 9to5mac

 

スポンサーリンク