【iPhone】次期iPhoneの3眼カメラは6.1インチと6.5インチに搭載?

スポンサーリンク

Macお宝鑑定団Blogによると、中国の信頼できるサプライヤー関係者の話として、2019年に発売される次期iPhoneののうち、3眼カメラが搭載されるモデルは6.1インチOLEDと6.5インチOLEDの2モデルとなるようだ、と報じている。

 


2019年に発売される次期iPhoneについて情報が浮上してきた。

Macお宝鑑定団Blogが中国の信頼できるサプライヤー関係者からの情報として、次期iPhoneのうち6.1インチの有機ELディスプレイ搭載モデルと、6.5インチ有機ELディスプレイ搭載モデルの2モデルに3眼カメラが搭載されるという情報だ。

6.1インチ有機ELディスプレイ搭載モデルは、「iPhone XS」と「iPhone XR」との中間サイズとなり、「Samsung Galaxy S10」に近いサイズになるとのこと。

そして本体の厚みは「iPhone XS」と比べ0.15mm厚くなるようだが、背面カメラの突出部分が約0.5mm減るため、トータルで約0.1mm厚みが増すだけという。

 

また6.5インチ有機ELディスプレイ搭載モデルは、「iPhone XS Max」と比べ、本体の厚みは約0.4mm厚くなるものの、面カメラの突出部分が約0.25mm減るため、トータルで約0.2mm厚みが増すだけという。

 

さらに3眼カメラは、どれも「iPhone XR」の背面カメラよりも大きなレンズユニットを採用する可能性が高いようで、センサーサイズもアップする可能性があるようだ。

これら2モデルには、USB-C – Lightningケーブルと18W USB-C電源アダプタが同梱され、Apple Watchや他のQiワイヤレス充電機器を充電できる双方向ワイヤレス充電機能が搭載されてる可能性が高いとのこと。

ちなみに、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの次期モデルは、現状の筐体を継続使用したAチップ等のアップデートモデルとなる可能性ようだ。

 

Source: Macお宝鑑定団Blog

 

スポンサーリンク