【次期iPhone】フロントカメラが1,200万画素にアップグレード??

スポンサーリンク

9to5macによると、2019年に登場する次期iPhoneについてアナリストのミンチー・クオ氏は「フロントカメラは1,200万画素になる」と予測しているようだ。

 


Apple関連情報で定評のあるアナリストのミンチー・クオ氏は、2019年に登場する次期iPhoneについて、フロントカメラは1,200万画素になると予測しているようだ。

他にも3眼カメラの搭載は、5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルのみとなり、広角レンズと望遠レンズのカメラの他に、SONY製の1,200万画素/1μmセンサーを搭載した超広角レンズカメラが追加されるという。

そしてその超広角レンズカメラとフロントカメラは、周囲のデザインに調和させるためブラックレンズコーティング技術が採用されてるとのこと。

また、iPhone XRの後継モデルにも言及しており、iPhone XR後継モデルには2眼カメラが搭載されると予測しているようだ。

 

 

(Via: 9to5mac

 

スポンサーリンク