【Apple】MacBook AirとMacBook Proに新構造のキーボードが採用予定

スポンサーリンク

Mac Rumorsによると、Appleのアナリストであるミンチー・クオ氏は今年発売される「MacBook Air」と、来年に発売される「MacBook Pro」にはシザースイッチ式のキーボードが採用されると報告していることが明らかとなった。

 

ミンチー・クオ氏のレポートによると、現行モデルに搭載されているバタフライキーボードよりも優れたキー移動と耐久性となるシザースイッチ式の新しいキーボードを、2019年に発売される「MacBook Air」と2020年に発売される「MacBook Pro」に搭載されるようだ。

ミンチー・クオ氏によると、新しいキーボードも一般のラップトップのキーボードと比較するとコストが掛かるものの、Appleのバタフライ式キーボードは歩留まりが悪いため製造コストが高いため、結果としてバタフライ式よりも価格を抑えることが可能となるそうだ。

シザースイッチ式キーボードはまったく新しいデザインで、キーを補強するためにグラスファイバーを使用している。

 

(Via: 9to5mac

 

スポンサーリンク