【iMac】「iMac 21.5インチ(Early2013)」がビンテージ製品とオブソリート製品へ

スポンサーリンク

MacRumorsによると、「iMac 21.5インチ(Early2013)」は2019年8月31日をもって「ビンテージ製品とオブソリート製品」に追加されたことが明らかとなった。

 

 

ビンテージ製品とオブソリート製品とは

ビンテージ製品とは、製造中止から5年以上7年未満の製品のことで、対象となる製品は一部例外を除きハードウェアサービスが終了される。

オブソリート製品とは、製造中止から7年以上が経過した製品のことで、対象となる製品は例外なくハードウェアサービスが終了される。

 

これらのリストに追加されるということは、アメリカとトルコでビンテージ製品へ、そして日本を含む国々ではオブソリート製品に指定される。

そうなると、その製品へのサポートは終了し、Appleでは修理できなくなることを意味する。

 

Source: MacRumors

 

 

スポンサーリンク