スポンサーリンク

【Apple】iPhone 12、筐体デザインは統一でリアカメラレンズの数のみ違う仕様に?

Macお宝鑑定団Blogによると、Appleの中国のサプライヤーからの情報として、2020年9月発売の新型「iPhone」シリーズは、筐体デザインは同じで背面カメラの数が違うだけとなる可能性があるようだ。

 

新型「iPhone」は厚みが7.40mm前後となり、ディスプレイのベゼルの厚みは2mmとなるなど共通したデザインである可能性が高いようで、全てに有機ELディスプレイが採用される可能性があり、TrueDepthカメラは引き続き継続採用となるようだ。

各モデルの高さは以下の通り。

  • 5.4インチモデルは、iPhone SEとiPhone 8の中間の高さ
  • 6.1インチモデルは、iPhone 11とiPhone 11Proの中間の高さ
  • 6.7インチモデルは、iPhone 11 Pro Maxよりもわずかに高くなる

背面カメラについては、5.4インチモデルと6.1インチモデルが2眼カメラ、6.7インチが3眼カメラ搭載されセンサーサイズが大きくなる可能性もあるようだ。

複数のアナリストが2020年には4つのモデルのiPhoneが登場すると予測しているが、今回の情報では6.1インチの3眼カメラ搭載モデルについては確認できていないとのこと。

 

Source: Macお宝鑑定団Blog

スポンサーリンク