スポンサーリンク

【Apple】AirPods、修理交換用で未リリースファームウェア搭載モデルの報告

AirPodsを修理に出した場合、交換用として未リリースのファームウェアを搭載したモデルの「AirPods」が届けられる可能性があるようだ。

 

iMoreによると、AirPodsを修理に出し交換用として送られている「AirPods」本体には、「2D3」という未リリースのファームウェアが搭載されたモデルが届くことがあるそうだ。

AirPodsシリーズは、両耳で同じファームウェアを実行している必要がある。

もし片耳を修理などに出し、交換用のAirPodsが届けられ、それが「2D3」搭載モデルだった場合にはAirPodsが使用できなくなる。

なぜなら「2D3」は、現時点で未リリースのファームウェアであるからだ。

この問題は主に「AirPods(第2世代)」で発生しているようで、一部の「AirPods Pro」でも「2D3」のファームウェアがインストールされていることが報告されているそうだ。

 

そして、Appleからは「2D3」が正式にリリースされるまで待つ必要があると返答されたユーザーも存在しているようだが、いつ「2D3」がリリースされるかは不明とのこと。

「2D3」は過去2週間以内に交換用の「AirPods」に搭載され始めたとのことで、現在修理が必要なユーザーはしばらく様子をみたほうがよいだろう。

 

Source: iMore

スポンサーリンク