Appleニュース・噂

14インチと16インチの「MacBook Pro」最新情報のまとめ

Appleが2021年にリリースする予定との噂がある14インチと16インチの「MacBook Pro」についてMac Rumorsが情報をまとめている。
これらの情報は天風国際証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏とBloombergのMarkGurman氏からの情報となる。

 

Appleは2021年に「MacBook Pro 14インチ」と新型「MacBook Pro 16インチ」をリリースするという情報があるが、Mac Rumorsがその情報をまとめ公開している。

デザイン

現在Appleは14インチモデルと16インチモデルのMacBook Proを開発中とのこと。
14インチモデルは現行モデルの13.3インチモデルと置き換えとなり、16インチモデルは現行モデルからアップデート版となる。

筐体サイズに関して、14インチモデルは13インチモデルとほぼ同じとなり、ベゼルが細くなることでディスプレイサイズの拡大が実現する。
ただ、16インチモデルから15インチへとモデルチェンジした時に筐体サイズが若干大きくなったことから、14インチモデルとなる場合も若干のサイズアップがある可能性も。

全体的なデザインに関してはBloombergのMark Gurman氏は現行モデルとにており、デザイン変更は僅かなものになると報告しているが、両モデルともに「iPhone 12」シリーズのようなフラットなエッジを採用したデザインとなるという情報も。

ポート

現行モデルではUSB-Cポートと3.5mmイヤホンジャックのみ搭載されているが、過去のモデル(2012年〜2015年モデル)ではMagSafeコネクタ、USB-Aポート、Thunderboltポート、HDMIポート、SDカードリーダー、3.5㎜イヤホンジャックが搭載されいた。
ここ数年AppleはUSB-Cへの移行を進めていることは周知の通りだが、SDカードスロットやHDMIポートなどの追加も可能性としてはあるとのことで、Gurman氏はUSB-Cポートの搭載については言及しているが、ポートの追加については特に触れていない。

MagSafe

MarkGurman氏とミンチー・クオ氏は「MacBook Pro」でMagSafeコネクタの復活を報告している。
MagSafeコネクタは2006年〜2016年モデルに採用されていた充電ポートでUSB-Cポートに置き換わる形で「MacBook Pro」から廃止された。
今回、復活すると予想されている新しいMagSafeコネクタは2016年以前に使用されていた「MagSafe 2」コネクタ及びポートと同様であると予想されている。
MagSafeコネクタの復活により、MagSafe対応充電ケーブルと電源アダプタの同梱も予想されている。

Touch Bar

Touch Barは2016年に発売された「MacBook Pro」より搭載されたものだが、2021年に発売される「MacBook Pro」シリーズでは廃止が噂されている。
Gurman氏はTouch Barの廃止は触れていないものの、Touch Bar非搭載の「MacBook Pro」のテストを行っていることを確認しているとのこと。

ディスプレイ

現行モデルのものと比較して、より明るく、よりコントラスの高いディスプレイの採用をGurman氏が報告。
ミニLEDディスプレイの採用については、ミンチー・クオ氏の最新レポートで言及していないことから、搭載は見送られた可能性があるようだ。
ミニLEDの搭載があるとするならば16インチモデルからとの噂もある。

プロセッサ

全てがApple Silicon搭載モデルへ。
Intel製プロセッサを搭載したモデルは用意されない見込み。
これらプロセッサについての詳細情報は不明だが、16個のパワーコアと4個の高効率コアを搭載したハイエンドのApple Siliconの開発も噂されており、また16コアと32コアのGPUの開発も噂されている。
次期モデルにこれらが搭載される可能性もある。

発売時期

2021年第3四半期(7月〜9月)に発売予定。

2021年春に発表されると噂のApple製品情報のまとめ
9to5Macが2021年春にAppleが発表されると噂の製品の情報を公開している。 Appleは例年3月〜4月に新製品を発表しており、Appleファンにとっては期待感が高まる時期でもある。 昨年は新型コロナウイルスの影響に...

 

Source: Mac Rumors

私設Apple委員会をフォローする
私設Apple委員会