Appleニュース・噂

iPhone 13シリーズ、全モデルで小型化したノッチとProモデルには120Hzディスプレイを搭載?

Appleニュース・噂

アナリストのMing-Chi Kuo氏のレポートによると、iPhone 13シリーズでは全モデルが小型化されたノッチと2つのProモデルには120Hzのリフレッシュレートを実現する低電力LTPOディスプレイテクノロジーを採用したOLEDが搭載されると報告していることが明らかとなった。

Mac Rumorsが入手したアナリストのMing-Chi Kuo氏のレポートによると、Appleの「iPhone 13」のラインナップは「iPhone 12」のラインナップと同じ4モデル構成となり、その全てにLightningコネクタとQualcommのS「napdragon X60」モデムが搭載されるという。
以前同氏は少なくとも1つのハイエンドモデルのiPhoneは2021年にポートレス化されると予測していたが、今回のレポートでは今年のポートレス化はないと判断している。

また同氏は、今後iPhoneのLightningポートを無くする場合、USB-CポートではなくMagSafeをサポートするポートレス設計を採用する可能性がある、と述べている。
ただMagSafeエコシステムは十分に成熟していないため、当面の間iPhoneにはLightningポートが採用されるとも。

他にもiPhone 13シリーズはSIMカードスロットをロジックボードと統合したり、一部のFace IDコンポーネントの厚さを薄くしたりするなどiPhone 12よりも省スペース設計となり、この恩恵でバッテリー容量をより大きなものを搭載できるようになるそうだが、この影響によりiPhone 13シリーズは若干重くなるとも述べている。

カメラ性能に関しては、「iPhone 12 Pro Max」のみに搭載されているサーシフト光学式手ぶれ補正が「iPhone 13」でが全モデルに搭載されるようだが、LiDARスキャナーに関してはProモデルに限定されるとのこと。

 

Source: Mac Rumors

私設Apple委員会をフォローする
私設Apple委員会