iPhone 8、前面・背面にガラスが採用される?

スポンサーリンク

どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!

iPhone 8は、前面・背面にガラスが採用され、フレームには別素材が採用されiPhone 4のようなスタイルになるだろうとKGI証券のミン-チ・クオ氏が予想しています。

6021a92604ad3bf0791b85765d34aaf8
 

iPhone 4/4sのようなスタイルへ

Apple関連の予想で実績のあるKGI証券のミン-チ・クオ氏の予想では、2017年発売が期待される「iPhone 8(仮)」は、フロントと背面にはガラスが、フレームには別素材が採用されiPhone 4/4sのようなスタイルになるだろうと予想しています。

ミン-チ・クオ氏がこのような予想をした理由として、一つ目はiPhone 7の光沢のあるジェットブラックの人気が判明したものの、ガラスの方が同様の外観を実現しやすく、また傷も付きにくいからとしています。

二つ目はジェットブラックの製造の難しさとのこと。ジェットブラックはアルミ素材を特殊加工しており、その光沢仕上げは精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工の工程をへているそうで、現時点での歩留まり率(※1)は60~70%程度とかなり低いそうです。

また、同氏はこれまでの「iPhone 8(仮)」の予想は、全面ガラスで覆われおり、曲面ガラスが採用されると予想していましたが、曲面ガラスが落下時の衝撃に弱いため、曲面ガラスを使って全面を覆うのではなく、別素材のフレームを使用するという予想に変更したそうです。

iphone-278031_1280
こうした理由から、ミン-チ・クオ氏は「iPhone 8(仮)」は、前面・背面がガラス製、フレームは別素材のステンレススティールかアルミ(Plusはステンレス製)になるという今回の予想に至ったそうです。

この予想以外にも、今まで4.7インチと5.5インチの2モデルであったiPhoneに、さらに5.8インチのものが登場するという予想も明らかにしています。

※1歩留まり率・・・、製造など生産全般において、「原料(素材)の投入量から期待される生産量に対して、実際に得られた製品生産数(量)比率」のこと 引用元:Wikipedia

 

 

source:9to5Mac via:iPhone Mania Photo by: ConceptsiPhone (YouTube)

スポンサーリンク