2017年「Mac Book Pro」、さらなる進化の可能性に注目!

スポンサーリンク

どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!

先日発表された新型「Mac Book Pro」は4年ぶりに刷新され、「Touch Bar」と「Touch ID」の搭載が最大の特徴となっています。

そして、新型「Mac Book Pro」の熱も冷めやまぬ中、2017年後半には「Mac Book Pro」はモデルチェンジを行ない値下げされる可能性の他に、搭載できるメモリ容量が32GBまでアップする可能性も報じられています!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_102816_090305_pm

 

メモリ32GB搭載の鍵はIntel!

4年ぶりに刷新された新型「Mac Book Pro」、最大の特徴は「Touch Bar」と「Touch ID」の搭載と思います。そして刷新された「Mac Book Pro」のそのお値段にも驚かされました(笑)

 

KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏によると、2017年「Mac Book Pro」シリースはモデルチェンジを行ない、その価格を下げて販売する他、搭載するメモリの最大容量を今までの16GBから32GBまでアップさせる可能性を予想しています。

同氏は「Mac Book Pro」の値下げについて、Appleはフルモデルチェンジした製品の価格は高めに設定し、翌年に値下げする傾向があることを指摘、これが値下げを予想する根拠と述べています。

electronics-1364541_1280

そして、搭載メモリについて。メモリ容量32GBを搭載するためには、Intel製プロセッサの「Canonlake」が必要とのこと。この「Canonlake」は「LPDDR 3」メモリチップと比較して、15〜25%低い消費電力となる「LPDDR 4」メモリチップの搭載が可能となり、その結果32GBのメモリが搭載可能になるそうです。

「Canonlake」が量産体制に入れない場合には、2017年の「Mac Book Pro」には今まで通りの「Coffee Lake」を搭載することになり、「LPDDR 4」メモリチップの搭載ができず、結果として最大メモリは16GBとなるそうです。

どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です! 先日発表された新型「Mac Book Pro」をはじめ、「Mac Book Pro」シリーズのメモリが最大16GBな訳を皆さんはご存知でしょうか?そ...

Via:MacRumors

スポンサーリンク