iPhone 8の有機EL搭載モデルの有効画面エリアは約5.2インチに?

スポンサーリンク

どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!

iPhone 8シリーズの最上位モデルには、「5.8インチの有機ELディスプレイ」の搭載が予想されていますが、有効画面のエリアは5.1インチ~5.2インチになりそうです。

54457_20_new-iphone-clear-piece-glass-ai
 

有効画面エリアは約5.2インチ

2017年に発売が期待されている次期「iPhone」、通称「iPhone 8」は、3モデル構成となるとKGI証券のアナリストのミンチー・クオ氏が予想しています。

【iPhone 8】シリーズは3モデル構成?OLED搭載モデルを追加?
どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です! 次期iPhoneシリーズでは、OLEDディスプレイを追加した3モデル構成になるだろうとKGI証券のミンチー・クオ氏が予測しています。

そして、3モデルの最上位モデルには「5.8インチ型の有機ELディスプレイ」が搭載され、有効画面エリアは5.1インチ~5.2インチとなるとも予想しています。

こうなる原因を「特別なデザインの都合上」としていることから、iPhone 8の最上位モデルには全面ディスプレイが採用されるのは?という声も上がっています。

この情報が正しいものであれば、iPhone 8の最上位モデルは5.8インチの有機ELディスプレイが搭載され、その有効画面エリアは5.1~5.2インチとなるとなります。

その他にも通常の液晶ディスプレイ搭載の4.7インチモデル、5.5インチモデルも用意されるとしています。

 

更に「iPhone 7 Plus」のデュアルレンズカメラは広角レンズのみ光学式手ブレ補正が搭載されていますが、iPhone 8シリーズに搭載されるデュアルレンズカメラは広角及び望遠の両レンズとも光学式手ブレ補正が搭載されるとも報告されています。

 

Via:MacRumors

スポンサーリンク