【iPhoneの噂】iPhone8は曲面有機ELディスプレイと新しい3D Touch技術搭載?

スポンサーリンク

どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!

2017年に発売が期待されているiPhone8は、柔軟性のある有機ELディスプレイの搭載と新しい技術が搭載され、感度が上昇した3D Touchが搭載されるとKGI証券のミンチー・クオ氏が明らかにしました。


 

 

曲面有機ELディスプレイと感度が向上した3D Touchセンサーの搭載

2017年発売が期待されるiPhone8について、KGI証券のミンチー・クオ氏が最新レポートを公開しました。

次期iPhoneと期待されるiPhone8では、3D Touchのため従来のフレキシブルプリント基板よりも更に感度の高いフィルムセンサーが採用されるとのこと。

そして、ディスプレイには柔軟性のある曲面有機ELディスプレイが搭載されるとのことですが、この曲面有機ELディスプレイを搭載することで、ディスプレイの角を曲げることが可能となります。


しかしこのディスプレイの場合、3D Touchでディスプレイを押す場合そのまま画面を押すとへこんでしまうそうで、その対策のためにパネル下にフィルムセンサーを入れ、その下に金属を敷いた構造になるそうです。

これによりホームボタンはディスプレイ内に埋め込まれた構造になるようです。

 


 

さらにミンチー・クオ氏に考えでは、Appleが申請している特許から考えると、ホームボタンで指紋認証を行うシステムは、いずれ顔認証になるそうです。


 

しかし顔認証だけで認証を行う場合、アルゴリズムやハードウェア設計。認証に用いいるデータベースなど技術的課題も多いため、完全に顔認証へと移行する前段階として、指紋認証と顔認証を組み合わせたシステムを採用する可能性もありそうだとミンチー・クオ氏は語っているそうです。

 

 

Source: MacRumors,、To5Mac Photo by:Handy AbovergleichConceptsiPhone

スポンサーリンク