AirPodsで不具合発生、通話中にiPhoneとの接続が切断される

スポンサーリンク

どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!

Apple純正ワイヤレスイヤホンのAirPodsの一部にて、通話中にiPhoneとの接続が切れてしまう不具合が発生しているとMacRumorsが報じています。この症状はランダムに切断・再接続する問題とのことで、Appleもこの問題は認識しているそうです。


 

不具合はiPhone6s/6s Plusのみで発生

昨年末に販売が開始され、現時点でも品薄状態で手に入りにくいApple純正ワイヤレスイヤホン「AirPods」ですが、一部のAirPodsで不具合が発生しているとMacRumorsが報じています。

不具合の内容は、通話中にiPhoneとのBluetooth接続が切れたり、再接続したりするというものが報告されているようです。この問題は現時点で「iPhone6s/6s Plus」でのみ報告されているそうで、iPhoneが他のBluetoothデバイス(Apple Watchなど)との接続がある場合などにも、この問題が発生するそうです。


 

またこの不具合は、両耳での使用時に発生して片耳での使用時には発生しないとのこと。

そしてこの不具合はiPhoneとAirPodsをペアリングし直しても、iPhoneを再起動やリセットしても問題解決には至らないとのことです。

Appleはこの不具合を認識しており、現状調査中とのことです。

 

AirPodsは人気アイテムとなっていますので、早くこの問題を解決して欲しいですね!

ちなみに、現時点でもAirPodsは出荷まで6週間待ちの品薄状態が続いています(悲)

 

 

Source:MacRumors

スポンサーリンク