2017年発売の「iPhone8」には虹彩認証技術が搭載される?

スポンサーリンク

どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!

2017年に発売が期待されている次期iPhoneには、iPhone7のアップデート版の「iPhone7s」と「iPhone7s Plus」に加え、初代iPhoneから10年目のプレミアムモデル「iPhone8」があると噂が出ています。

そんな中、新たな技術が搭載されるという情報が出てきました。その技術とは虹彩認証技術。


 

iPhoneを見つめるだけでロック解除?

今回DigiTimesが得た業界関係者からの情報として、プレミアム版の「iPhone8」では有機ELディスプレイの搭載の他に、ワイヤレス充電機能や虹彩認証技術が搭載されると報じています。

虹彩認識(こうさいにんしき、 英語: Iris recognition)とは、生体認証技法の1つで、個人の目の虹彩の高解像度の画像にパターン認識技術を応用して行われる。虹彩認証(こうさいにんしょう)とも。網膜スキャンとは異なる。引用元:Wekipedelia

 

また、iPhoneの各サプライチェーンメーカーは2017年の3月ごろに次期iPhone用の部品を出荷予定とのこと。これはAppleがチップやコンポーネントサプライヤーに対して次期iPhoneシリーズのための試作や精査を開始させ、従来より早い段階で在庫を準備することを要求しているためとのことです。

ちなみに、iPhone8に搭載が予定されている有機ELディスプレイは、十分な量の発注をSamsung Displayに発注済みとのことです。

 

iPhone8に虹彩認証技術が搭載される可能性を今回報じられていますが、果たしてどうなるのでしょうか。iPhoneを見つめるだけでロック解除とか、個人的にはワクワクしちゃいます!

 

Source:DigiTimes

スポンサーリンク