iPhone8にはディスプレイ下部にファンクションエリアが搭載される?

スポンサーリンク

どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!

2017年発売が期待される次期iPhoneシリーズにて、有機ELディスプレイ搭載モデルにはディスプレイ下部にファンクションエリアを搭載する可能性があると、KGI証券のアナリストのミンチー・クオ氏が報告しています。


 

ディスプレイ下部にファンクションエリア搭載?

KGI証券のアナリストのミンチー・クオ氏によると、2017年発売が期待される次期iPhoneについて、有機ELディスプレイが搭載されるiPhoneについては、ディスプレイ下部のホームボタンが設置されている場所にファンクションエリアを搭載する可能性があるとのこと。

このファンクションエリアには、ホームボタンやTouch IDの搭載が見込まれているそうです。


また、ファンクションエリアを含んだディスプレイサイズは5.8インチで縁無しのデザインになるとのことで、ファンクションエリアを除くディスプレイサイズは5.15インチとなるそうです。

現在、次期iPhoneとされるiPhone8のディスプレイサイズについて5.8インチや5インチなどと情報が錯綜していますが、上記の情報から、ディスプレイ全体のサイズの情報としているか、ファンクションエリアを除くディスプレイサイズの情報としているか、の違いなのかもしれませんね。

どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!2017年に発売が期待されている次期iPhoneには、様々な噂が出ています。今回登場した噂では、2017年発売予定の次期iPhoneは4.7イン...

どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!2017年発売が期待されているiPhoneですが、Cowen and CompanyのアナリストTimothy Arcuri氏が得たサプライチェーンの情報筋の話で...

その他、このファンクションエリアではホームボタン、Touch IDの他にTouch Barなどの搭載も予想されています。

 

Source: 9to5Mac

スポンサーリンク