iPhone8のフロントカメラには3Dセンシング機能が搭載?顔認証や虹彩認識が可能に?

スポンサーリンク

どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!

次期iPhoneについての情報が入ってきました。

KGI証券のアナリストのミンチー・クオ氏の報告によれば、次期iPhoneシリーズの有機ELディスプレイ搭載モデルには、3Dセンシング機能が備わった今までにないフロントカメラシステムを搭載するMacRumorsが報じています。


 

 

顔認識や虹彩認識、立体的な自撮りが可能に

このミンチー・クオ氏が話をしている有機ELディスプレイ搭載の次期iPhoneは、2017年に発売されるiPhoneの10周年記念モデルとなるiPhone8(仮)と噂が出ています。

このiPhone8に搭載されるフロントカメラは3Dセンシング機能が備わった、今までにない画期的なものとなると報じています。

このフロントカメラシステムには、2013年にAppleが買収したPrimeSense社の3Dモーション検出技術が採用されているそうです。

また、フロントカメラシステムには、既存のフロントカメラモジュールに加え、赤外線送信モジュールと赤外線受信モジュールを加えた3つのモジュールで構成されているそうです。

これらの技術が搭載されることで、具体的にiPhone8では顔認識や虹彩認識、立体的な自撮り写真が撮影可能となるそうです。

Appleが顔認証技術の専門会社RealFace社を買収!近い未来iPhoneに顔認証機能搭載?
どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!Appleが、イスラエルの顔認証技術の専門会社RealFace社を買収していることが明らかになりました。近い未来、iPhoneやMacの同技術...

 

Source:MacRumors

 

スポンサーリンク