Apple、プレミアムモデルiPhone用の有機ELをSamsungへ発注!?その枚数は??

スポンサーリンク


どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!

2017年発売が期待される次期iPhoneでの一部モデルに有機ELディスプレイの搭載が噂されています。

今回浮上してきた情報では、どうやらAppleはSamsungに対してフレキシブル「有機ELディスプレイ」の発注を行ったそうです。

その枚数はなんと・・・!

 

需要が予想を上回った場合は更に生産できる準備を進めている

Nikkei Asian Reviewが報じた情報では、「AppleはSamsungに対しレキシブル有機ELディスプレイを7,000万枚発注し、需要が予測を上回った場合にSamsungはAppleに対し9,500万枚生産する準備を進めている」そうです。

この情報はiPhoneの設計に精通したサプライチェーンの情報筋からの情報ですが、市場調査会社IHSのシニアディレクターであるDavid Hsieh氏も同様の内容を述べているとのこと。

さらにHsieh氏は「SamsungはAppleへの唯一の有機ELの供給業者となる」と述べ、Samsungが独占的に有機ELを供給すると予測しています。

2017年発売が期待されている次期iPhoneは3モデルが用意されているとも報じており、そのうち有機ELディスプレイが採用されるiPhoneは、初代iPhoneから10年目のプレミアムモデルの「iPhone 8(仮)」とされているそうで、ディスプレイサイズは5.2インチとなるとのこと。

そしてiPhone 7シリーズのアップデート版となるiPhone 7sシリーズでは、今まで通り液晶ディスプレイが採用されるものの、ワイヤレス充電や防水機能は3モデルに搭載されると見られているそうです。

また、プレミアムモデルの「iPhone 8(仮)」には顔認証が可能となる3Dセンサーの搭載物理的ホームボタンの廃止なども報じられています。

 

現時点でも数多くの噂が浮上している次期iPhoneですが、とりあえず今年発売されるiPhoneは、高確率で3モデルになると思われますね!

発表が期待される9月までもう少し時間がありますので、さらなる情報が出てきそうです。

ここは楽しんで動向を見守りましょう!

 

Source: Nikkei Asian Review

スポンサーリンク