【iPhone8】プレミアムモデルiPhoneのデザイン詳細は・・・

スポンサーリンク


どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!

今年2017年に発売が期待されている次期iPhoneには、初代iPhone発売から10年を記念するプレミアムモデルこと「iPhone8(仮)」(iPhone Edition、iPhone Xなど名称の噂も多く浮上しています)の存在も噂されています。

今回そんな「iPhone8」のデザインなどをMacお宝鑑定団Blogが報じています。

 

iPhone Editionはこうなる?

Macお宝鑑定団Blogによると、次期iPhoneのプレミアムモデルこと「iPhone Edition」は最近になって設計確認試験の段階に移ったとのこと。

本体部分では前面、背面共に2.5Dエッジ仕様の強化ガラス板と、真ん中にステンレススチールフレームを使用した新しいデザインが採用され、側面の露出する部分はApple Watchのステンレススチールのように研磨されているようです。


 

物理的ホームボタンは非搭載となり、FaceTimeカメラは液晶面に内蔵され全面液晶ディスプレイ化に。

Touch IDについてはディスプレイ下に内蔵されるとの噂もありますが、それについては確認されてないようです。

ディスプレイには有機ELディスプレイ(OLED)が採用されるようですが、GALAXYのように曲面ではなく、従来型のフラットになるとのこと。

さらに背面のデュアルレンズカメラを縦に搭載することで、本体を横向きにした場合にVR撮影が可能となるのではと予想しています。

 

iPhone7sシリーズは若干厚みが増す?

そしてiPhone Editionと同時に発表されると予想されているiPhone7sやiPhone7sPlusについては、厚みが少し厚くなる可能性があることも報じています。

 
 

Source: Macお宝鑑定団Blog

スポンサーリンク