2020年登場のiPhoneにはフルスクリーンTouch ID搭載や新型iPhone SE登場との情報が!

スポンサーリンク

BarclaysのアナリストであるBlayne Curtis氏がAppleのサプライチェーンからの情報をもとに、今年登場するiPhoneと2020年に登場するiPhoneに関するレポートを公開した。

 

 

まずは2019年に登場するiPhoneについて。

2019年に登場するiPhoneは3モデルとなっており、うち2モデルはハイエンドモデルに位置付けられ3眼カメラが搭載されいる。そして3D Touch機能が廃止され、その代わりに「iPhone XR」に搭載されている「Haptic Touch」が採用される。

ローエンドモデルに位置付けられる「iPhone XR」の後継モデルでは、2眼カメラの搭載やRAMの容量が3GBから4GBへと引き上げられる。

次に2020年に登場するiPhoneについて。

5Gに対応する初のiPhoneが登場。リアカメラには3Dセンシング技術を搭載し、3D空間の認識が可能になる。

ディスプレイには埋込み式の指紋センサーを搭載、Touch IDが再び利用可能となる。Face IDが廃止されるかは不明。

そして、2020年前半には「iPhone 8」ベースの新型「iPhone SE」が発売される可能性もあるようだ。

 

(Via: MacRumors

 

スポンサーリンク