【iPhone】2020年モデルは4機種構成で全モデルOLED搭載に? – さらに全モデル5G対応との情報

スポンサーリンク

2020年、Appleは4モデルの新型「iPhone」を発売し、全モデルが有機ELディスプレイを搭載し5Gに対応するという情報が浮上してきた。

Mac Rumorsによると、JP MorganのアナリストSamik Chatterjee氏が公開したレポートには、Appleは2020年に4つのモデルの新型「iPhone」を発表し、全モデルに有機ELディスプレイが搭載され、5Gに対応する、と予測していると報じた。

 

同氏によると、2020年に登場する新型「iPhone」は5.4インチモデルと2つの6.1インチモデル、6.7インチモデルの4モデル構成となり、ローエンドモデルは5.4インチと6.1インチ、ハイエンドモデルは6.1インチと6.7インチになるようだ。

 

他にも全モデルが有機ELディスプレイが搭載され、ハイエンドモデルには5GはmmWave(ミリ波)のサポートやトリプルカメラの搭載、3Dセンシングが、ローエンドモデルでは5Gのサブ6GHz帯のサポートとデュアルカメラが特徴となるとのこと。

 

また2021年のiPhoneの発表タイミングについても言及しており、同氏によると2021年より新型「iPhone」の発表は2回に分ける計画で、2021年前半に2モデル、後半に2モデルといった風になるようだ。

 

これらの情報の真偽は不明となるが、以前も同様の情報が浮上してきているので、もしかするともしかする!?

【Apple】「iPhone 12」シリーズ、全モデルにOLEDを搭載? – 3モデル構成との情報も

2019-11-29

 

スポンサーリンク