スポンサーリンク

【Apple】「iPhone 12」は「iPad Pro」風デザインに? − 小型化されたHomePodなども登場予定?

Bloombergが計画に詳しい人物よりの情報として、2020年に登場予定となる「iPhone 12」の上位モデルデザインは、「iPad Pro」のようなデザインが採用されるようだ、と報じている。

 

今秋発売が噂される新型iPhoneこと「iPhone 12」シリーズでは、最大4モデルが5Gに対応予定であるとのこと。内訳は「iPhone 11 Pro」シリーズの後継モデル2モデルと、ローエンドモデルの2モデル、合計4モデルとなる。

ハイエンドモデルとなる「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」のデザインは、現行モデルとは違い「iPad Pro」のようなフラットなデザインが採用され、ディスプレイにおいてもエッジ部分がカーブしていないフラットなものが採用されるという。

さらに「iPhone 12 Pro」シリーズには、3眼カメラとLiDARセンサーが搭載され、ノッチが小型化される可能性があるとも。

 

他にもSiri搭載スマートスピーカー「HomePod」について、2020年第2四半期に小型化されたモデルが登場予定で、デザインは現行モデルと同じで、大きさが約50%減のサイズになるようだ。

また、紛失防止タグ「AirTag」は近いうちに発売予定で、「MacBook Pro」「Apple TV」「iPad」「iMac」の新型モデルが2020年内に発売予定とのこと。

 

 

Source: Bloomberg

 

スポンサーリンク