初代iPhone〜iPhone8まで!内部構造10年分をまとめたページが公開!

スポンサーリンク

どうも!こうぜんま(@hisaccoNZ)です!

BloombergはiFixitと連携して、初代iPhoneからiPhone8までの10年間でiPhoneの内部がどのような変化を成し遂げているかWEB上で公開しています。

 

iPhoneの10年間を丸裸に!

BloombergとiFixitが、初代iPhoneからiPhone8までの10年間の内部構造がどう変化を特設ページで公開しています。

以下の画像は初代iPhone(左)iPhone8(右)になります。


 

初代iPhone

初代iPhoneに搭載されているバッテリーは1,400mAhとなり、通話時間は最大8時間、WEBブラウジングは6時間、ビデオ再生は7時間または24時間のオーディオ再生となっていました。

左上の角には200万画素のリアカメラが搭載、LEDフラッシュはありません。

また初代iPhoneには最大容量16GBのストレージが搭載され、プロセッサはシングルコア、動作クロック数412Mz、RAMは128MB、Bluetooth2.0に対応となっていました。

さらに3Gにも対応しておらず、2Gのみに対応。ディスプレイは解像度320×480ピクセルで3.5インチとなっており、3.5mmヘッドフォンジャック搭載でドックコネクタにはLightningではなく、30ピンコネクタが採用されていました。

 

iPhone8

一方iPhone8は、バッテリー容量1,812mAh、12メガピクセルリアカメラ、最大256GBのストレージ、2GBのRAM、6コアA11 Bionicチップ、Bluetooth5.0搭載。

さらにLightningコネクタの搭載やイヤフォンジャックの廃止、ホームボタンはあるものの、初代iPhoneのものとは比べものにならないくらいの機能を備えたものまでに進化しています。

その他、おサイフ機能の追加や防水対応にもなっています。

10年間でiPhoneは劇的な進化を遂げていることが分かりますね!

 

内部構造についてはコチラでご覧ください!

「初代iPhone」「iPhone3G」「iPhone3GS」「iPhone4」「iPhone5」「iPhone6」「iPhone7」「iPhone8」の8モデルの内部構造が味わえます!

そして「iPhoneX」については「?」マークが表示されますので、発売開始後に公開されると思われます。

 

(Via: MacRumors

スポンサーリンク