【Apple】日本でもバッテリー交換費値下げ対応開始。2018年12月まで

スポンサーリンク

バッテリーが劣化したiPhoneの性能抑制問題について、先日よりバッテリー交換費用の値下げを発表しているAppleは、日本でもiPhoneのバッテリー交換の値下げ対応を開始したようだ。

 

日本でもバッテリー交換費の値下げ対応開始

2017年末よりアメリカでは開始されていたバッテリー交換費用の値下げ対応が、日本でも開始されていることが多くのメディアにより明らかとなった。

バッテリー交換値下げ対応の対象となる機種は以下通り。

 
  • iPhone SE
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X
 

対象モデルはご覧の通りの10モデル。iPhone 5s以前のモデルは対象外となる。

このバッテリー交換の値下げ対応では非正規品のバッテリーでなければ全ユーザーが対象になるようだ。

iPhone本体保証、またはApple Care+への加入より保証期間が延長されている場合は無償交換の対象となり、そうでない場合では3,200円(税別)の有償交換となる。

 

そして通常通りにバッテリーの診断テストは実施されるが、結果に関係なく交換可能となるようだ。

このプログラムは2018年12月まで全世界で実施され、1回のみのプログラム適用となるようだ。


【Apple】割引価格でのバッテリー交換は希望する全ユーザーが対象になる?

2018.01.06

【Apple】バッテリー問題でバッテリー交換費用を3,200円に値下げを発表

2018.01.01

【iPhone】バッテリー劣化で意図的な性能ダウンとAppleが認める

2017.12.22

 

(Via: Macお宝鑑定団Blog

スポンサーリンク