【macOS 10.15】iPadがMacのサブディスプレイに利用可能?

スポンサーリンク

9to5macによると次期macOSの「macOS 10.15」では、MacのサブディスプレイとしてiPadが利用できる新機能の開発が進められているとの情報が浮上してきた。

 

「macOS 10.15」の開発に精通した人物から情報として、「macOS 10.15」ではiPadなどにあらゆるウィンドウを移動できる機能の開発を進めているとのこと。

この機能は内部的に「Sidecar」と呼ばれ、Macのアプリウインドウの緑の最大化ボタンにカーソルを合わせると開くメニューからアクセスが可能となり、メニューとしてウインドウのを最大化(フルスクリーン化)したり、タイル表示したり、iPadや外部ディスプレイの表示させるオプションが用意されているようだ。

他にもApple PencilをサポートしているiPadをサブディスプレイとして使用すると、iPad上でApple Pencilが使用可能となるそうだ。

 

(Via: 9to5mac

 

スポンサーリンク